第二次世界大戦後の郵便ポストは、郵便差出箱1号(丸型)と、収集作業の効率化や大量生産に向いた郵便差出箱1号(角型)の2つが中心に利用されるようになりました。

これらは、比較的人口の多い地域に設置されるポストで、大量の郵便物を受け入れることができます。
しかし、山間部などの人口の少ない地域では、よりコンパクトな郵便ポストを数多く設置する方が利用者にとってはメリットが大きくなります。

このような需要から、非常にコンパクトな壁掛けタイプの郵便ポストが登場することになります。

1951年に登場した壁掛けタイプの郵便ポストは、「郵便差出箱2号(掛箱)」と呼ばれるものになります。
大きさは高さ約46cm、幅約30cmのコンパクトなもので、地方の簡易郵便局や公民館などに設置されるようになります。

 

このような壁掛けタイプの郵便ポストの登場で、日本中どこでも手軽に郵便制度を利用することができるようになります。
これまで、郵便物を出すために時間をかけてポストまで行っていた人や、配達に訪れた郵便局員に手渡しで渡していたような人に非常に喜ばれたものになります。

 

全国的な郵便サービスには欠かすことのできない小型の郵便ポストは、多くの人の生活を変化させたものといえます。

 

free space