現在見かける郵便ポストの多くは、差入れ口が2か所あるタイプがほとんどだと思います。
一般的には、郵便物の種類や国際郵便かどうかによって差入れ口が分けられています。

差入れ口を二つ用意する目的は、収集作業の後の仕分け作業を迅速化することにありますが、このタイプの郵便ポストは昭和37年に初めて登場しました。

当初の郵便ポストは「郵便差出箱7号」と呼ばれるもので、主に東京都内に設置されていました。
このケースでの区分方法は、「東京都区内宛て」か「地方宛て」かによる区分であったそうです。

 

現在使用されている郵便ポストの原型となる郵便差出箱7号ですが、内部に取集袋を2つセットできるだけでなく、フレキシブルな活用ができるのが、大きなメリットとなっています。

一般的な活用法では、通常の時期は宛先や速達かどうかによる区分をしていますが、年賀状シーズンになると「年賀状かどうかで分ける」ことも可能になっています。

その時々に応じた最も効率のよい方法で郵便物を集めることができるようになると、郵便ポストへの投函から配達完了までの時間短縮も進んでいきます。

 

昭和37年に登場というと、「随分前だな~」と感じるかもしれませんが、日本の高度経済成長期にあたる時期になりますので、サービスの迅速化も求められていたものと思われます。

free space